補助金

IT導入補助金

ITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入しようとする事業者に対して、その事業費等の経費の一部を補助するIT補助金の二次公募が始まります。 補助対象者 日本国内に本社及び事業所を有する中小企業者等 ※中小企業者等 個人事業主、医療法人、共同組合等を含む
補助金

軽減税率対策補助金

軽減税率対策補助金とは   消費税の軽減税率制度は、平成31年10月1日から実施されます。 消費費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる、中小企業や小規模事業者等の方々が、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修などを行う場合、その経費の一部を補助する制度です。
所得税

接待交際費と会議費の違い

交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出する費用 除外されるもの ①5,000円以下の接待に要した飲食等の費用 ②カレンダー、手帳等の物品を贈与するために通常要する費用
所得税

セルフメディケーション税制

セルフメディケーション税制とは 平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする(一緒のお財布で生活をされている)配偶者その他の親族のために特定一般用医薬品等購入費を支払った場合に、一定の金額の医療費控除を受けることができる制度になります。
所得税

どう変わる?配偶者控除

平成29年度税制改正法案で、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが盛り込まれました。 現在は配偶者の収入103万円以下の場合、控除額は38万円でしたが、変更後は配偶者の収入が103万円から150万円へ引き上げられると同時に、納税者本人の給与収入により控除額が3つの区分に分けられることとなりました
法人税

決算賞与を支払う場合の注意点

個人の方は確定申告真っ只中ですが、法人の方で3月決算の方は多いと思います。 決算前に思ったより利益があがっている場合、決算賞与の支給を検討するのは節税対策のひとつです。 「税金払う位なら、決算賞与を払いたい」 とおっしゃる経営者の方は多いです。 が、決算賞与を支払うにはいくつか注意が必要です。
所得税

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の住宅ローン控除の注意点

住宅取得等資金の贈与 注意点を先日書きましたが、住宅ローン控除と併用される場合、また別な注意点があります。 今日は、住宅取得等資金の贈与を受けた場合の住宅ローンの控除の注意点と、住宅ローンの借入時期についてお話します。
所得税

住宅取得等資金の贈与 注意点

住宅取得等資金の贈与の特例を受ける際の注意点をまとめました。 住宅取得等資金の贈与の特例とは H27.1.1~H33.12.31までの間に、父母や祖父母などの直系尊属からの贈与で自己の住宅用の家屋の新築や増改築の対価に充てるための金銭を取得し、一定の要件を満たすときは非課税限度額までの金額は、贈与税が非課税となる。
経営

これをしないと正しい人事評価はできない

お客様にご相談されることが多い内容ですが、評価制度はあっても、うまく活用しきれていない所が多いように見受けられます。 先日人事評価セミナーに参加してきましたので、私の気づいたことをシェアさせて頂きたいと思います。
所得税

【確定申告】必要な方、還付を受けられる方

確定申告時期が到来しますが、申告が必要か必要でないかの判定で迷われている方いらっしゃいませんか?確定申告が必要な方、確定申告により還付が受けられる方
タイトルとURLをコピーしました