税金は多面的に考える

 

ご相談があった事例

 



 

税金の考え方

 

知り合いの会社では節税になるお話でも、自分の会社に当てはまるかどうかはわかりません。

確かに一つの税金だけを見て節税になっても、その分他の税金を取られてしまうことは、よくある話です。

 

税金というのは、よく考えられています。
法人税・所得税・消費税etc・・・
抜け道がないようにできているものです。

 

こんな間違いをしないようにするには、多方面から考える必要があります。
一つの税金だけでなく、他の税金も考慮して全体の支出を一番抑えられる方法はどうしたらいいでしょう?

 

インターネットで調べる危険性

 

今回ご相談の方は、知り合いに聞いて、インターネットでも調べられたそうです。

無料で手に入れられる情報はたくさんあります。
でも、それらの情報は断片的なものです。

 

「古い情報で税制の改正があったけれど修正されていない」
「本当は間違っているけれど、税務署で通ったから大丈夫」

そんな情報もたくさん流れています。

 

その中で、信憑性のある情報を探すこと。
自社の条件と照らし合わせて一致させること。

これはとても大変な作業です。
そして、その作業をしても今回の様に結果的に、税金で損をすることもあり得ます。

一番手堅い方法は、専門家に聞くことです。

 

無料で手に入る情報を、闇雲に信用しないで下さいね。
実行してからでは、取り返しがつかないこともあります。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました