所得税

経費にできる資産とできない資産

京都の女性税理士、中島裕里子です。 パソコンや応接セットを買ったら、全部その年の経費におとせるでしょうか? 経費として処理できる資産と出来ない資産に分かれます。 この購入した年に全額を経費として処理できない資産を固定資産と言います。 固定資産となる資産については、固定資産台帳に記載し、一定の年数をかけて複数
お知らせ

キックオフ関西 7月京都ご報告

京都の女性税理士、中島裕里子です。 昨日は、キックオフ関西 京都異業種交流会でした。   全員と話せる交流会   今回は参加者様15名 沢山の方にご参加頂きました。 ありがとうございました。
税務

領収書とレシートの違い

京都の女性税理士、中島裕里子です。 お客様から月次の資料を頂く際、 「領収書もらえなかったの。レシートでもいい?」 と聞かれることがあります。 税務上の保存する資料として 〇 領収書 ✖ レシート こんな図式が出来上がっているようです。 本当に必要なのはどちらでしょう?
税務

税金は多面的に考える

京都の女性税理士、中島裕里子です。 税金の考え方。知り合いの会社では節税になるお話でも、自分の会社に当てはまるかどうかはわかりません。 確かに一つの税金だけを見て節税になっても、その分他の税金を取られてしまうことは、よくある話です。   税金というのは、よく考えられています。
所得税

平成30年からの源泉徴収事務と年末調整

京都の女性税理士、中島裕里子です。 配偶者控除と配偶者特別控除の見直しが行われることになりました。 これらの改正は平成30年分以後の所得税から適用されます。 源泉徴収事務   配偶者控除の改正によって、源泉徴収義務も下記の改正が行われます。   1.同一生計配偶者   改正前の控除対象配偶者の呼び名が変わりました。
補助金

「早期経営改善計画策定支援」補助金

京都の女性税理士、中島裕里子です。 補助金の概要   外部の専門家(認定支援機関)の支援を受けながら、資金繰り計画や損益計画等 基本的な内容の経営改善計画を策定する費用を支援する補助金です。   補助金額   計画策定費用及びモニタリング費用の総額について、3分の2(上限20万円)
開業

ホームページは自分で

開業すると、ホームページを作るか悩みますね。 結論から言うと、作って下さい! 例えば、 既に充分な顧客がいる 飲食業等で、広告を出し続けている 隠れ家的なお店にしたい こんな方は作る必要...
お知らせ

キックオフ関西 6月京都ご報告、7月ご案内

 遅くなりましたが、先日ご案内していた異業種交流会。 今日はそのご報告を。 京都の異業種交流会 6月は元女子アナの加藤あやさんのセミナーでした。 お題は「苦手な人とのコミュニケーション術」。 女性講師だか...
法人税

旅費を出張手当にして非課税に!

京都の女性税理士、中島裕里子です。 出張の多い会社は、旅費の精算が大変ですね。 そして、旅費が結構な金額になります。 旅費の実費精算。 法人側はもちろん経費になります。 でも、出張には支出がつきもの。 「もう少しなんとかならないの?」 こんなときに出張手当の出番です。
所得税

従業員さんの昼食代、全額福利厚生費?

京都の女性税理士、中島裕里子です。 従業員さんの昼食代の考え方 福利厚生で落とせる場合   次の2つの要件を満たすこと。 そうすれば、給与として課税されません。 役員さんや使用人が食事の価額の半分以上を負担していること 次の金額が1か月あたり3,500円(税抜)以下であること
タイトルとURLをコピーしました