所得税

所得税

平成30年分 扶養控除等申告書確定様式

「平成30年分 給与所得者の扶養控除等申告書」の確定様式が国税庁より発表されました。 下記に変更された「源泉控除対象配偶者」に該当しない一定の場合は、平成30年分以降は年末調整で配偶者控除または配偶者特別控除の適用を受ける手続きに...
所得税

ビットコインの課税は雑所得

京都の女性税理士、中島裕里子です。 ビットコインから生じた利益について、2017年9月6日付で国税庁から雑所得に該当することが明らかにされました。ビットコインの課税は譲渡所得とする向きもありましたが、今回正式に雑所得として区分されることになりました。
所得税

フリマ、オークションの利益は申告が必要

インターネットで行われる、電子商取引。 フリーマーケットやオークションがこれに該当します。 個人間でのやり取りが多く、手続きも簡単なため、利用者が急増しているようです。 利用者の急増とともに、無申告のケースも増加して...
所得税

少額資産と一括償却資産と償却資産税の関係

京都の女性税理士、中島裕里子です。 償却資産税とは?   土地や建物には、固定資産税がかかります。 そして、法人や個人事業として所有している機械や備品のような事業に使用する資産に対しては、償却資産税というものがかかってきます。 あまり聞き慣れない税金かもしれません。  
所得税

経費にできる資産とできない資産

京都の女性税理士、中島裕里子です。 パソコンや応接セットを買ったら、全部その年の経費におとせるでしょうか? 経費として処理できる資産と出来ない資産に分かれます。 この購入した年に全額を経費として処理できない資産を固定資産と言います。 固定資産となる資産については、固定資産台帳に記載し、一定の年数をかけて複数
所得税

平成30年からの源泉徴収事務と年末調整

京都の女性税理士、中島裕里子です。 配偶者控除と配偶者特別控除の見直しが行われることになりました。 これらの改正は平成30年分以後の所得税から適用されます。 源泉徴収事務   配偶者控除の改正によって、源泉徴収義務も下記の改正が行われます。   1.同一生計配偶者   改正前の控除対象配偶者の呼び名が変わりました。
所得税

従業員さんの昼食代、全額福利厚生費?

京都の女性税理士、中島裕里子です。 従業員さんの昼食代の考え方 福利厚生で落とせる場合   次の2つの要件を満たすこと。 そうすれば、給与として課税されません。 役員さんや使用人が食事の価額の半分以上を負担していること 次の金額が1か月あたり3,500円(税抜)以下であること
所得税

即時償却と税額控除

京都の女性税理士、中島裕里子です。 中小企業経営強化法が施工されましたが、即時償却(100%償却)と税額控除、結局どちらが得なのでしょう? キャッシュに余裕があり、毎年一定の利益が出る会社なら、間違いなく税額控除をお勧めします。 でも、先行き不透明、キャッシュが今必要であれば即時償却です。
所得税

A類型とB類型

京都の女性税理士、中島裕里子です。中小企業経営強化法 A類型生産性向上設備とB類型収益力強化設備の違いについて。指定事業、対象設備、要件。 経営力向上計画を、ライツ税理士事務所がお手伝いします。
所得税

中小企業等経営強化法 固定資産税の軽減措置

京都の女性税理士、中島裕里子です。制度の概要 中小事業者等であること H29年4月1日~H31年3月31日までの間に、認定を受けた経営力向上計画に基づき設備を購入すること 一定の設備の新規取得であること経営力向上設備等の要件 上の表の対象設備のうち、以下の2要件を満たすもの 一定期間内に発売されたモデル
タイトルとURLをコピーしました